虫歯治療

なるべく痛くない工夫をしています

歯科に恐怖心があったり、痛みを感じやすい方、嘔吐感が強い方には「笑気麻酔」を導入しております。
笑気麻酔により、リラックスした状態で治療を受けることができるため、痛みを感じにくくし、嘔吐反射を抑えることができます。

虫歯治療について

虫歯ってどうやってできるの?

虫歯ってどうやってできるの?「菌」と「糖分」と「時間」、そして「歯の質」。 この4つの要素が虫歯と関係しています。
磨き残しで歯に付着している歯垢には細菌(ミュータンス菌)が含まれており、その細菌が
糖分をエネルギーとし酸を発生させます。その酸がエナメル質を溶かし、歯に穴をあけていきます。これが虫歯の始まりです。

虫歯はこうして進行します

虫歯は自然治癒しません。痛くなくなったからと言って放置しているとどんどん進行しているケースも。全身疾患に関わる場合もありますので、早めの治療を行いましょう。
定期検診で痛くなる前に早期発見、早期治療をおすすめします。

歯の表面に虫歯ができます

▶STEP1.
歯の表面に虫歯ができます

虫歯が神経に近くなり、冷たいものがしみます

▶STEP2.
虫歯が神経に近くなり、冷たいものがしみます

熱いものがしみて、ズキズキ痛みます

▶STEP3.
熱いものがしみて、ズキズキ痛みます

神経が死んでしまい、痛みを感じなくなります

▶STEP4.
神経が死んでしまい、痛みを感じなくなります

お子さまの歯について

何歳から歯医者さんに行くの?

何歳から歯医者さんに行くの?お子さまの歯医者さんの受診は早すぎるといったことはありません。
乳歯が生え始める6~9か月頃から、虫歯にならいためのアドバイスを聞くためにご来院される保護者の方もいらっしゃいます。
乳歯が生えそろう3歳前後には必ず歯科検診を受けましょう。

歯医者さんが苦手なお子さまへ

歯医者さんが苦手なお子さまへ当院では保護者の方と一緒に診療室に入って頂き、どんな機器を使うのか、どのような治療をするのか一つ一つ丁寧にお伝えしていきます。
保護者の方にもご協力して頂き、お子様と一緒になって歯医者さんを知ってもらうスタイルをとっています。

当院がおこなっている治療内容

  • ブラッシング指導

    ブラッシング指導

    歯ブラシの持ち方、歯磨き方を指導します。保護者の方には必ず仕上げ磨きをお願いしています。

  • フッ素塗布

    フッ素塗布

    歯質を強くする効果があると言われており、ブラッシング指導後に歯全体に塗布します。

  • シーラント

    シーラント

    プラスチック樹脂で歯の溝を埋め、虫歯を予防します。

診療のご案内

  • 歯が痛い・しみる むし歯治療
  • 健康な歯を守りたい 予防歯科
  • 子どもの歯が心配 小児歯科
  • 歯茎が腫れる・血が出た 歯周病治療
  • 入れ歯では満足できない インプラント
  • 歯並びが気になる 矯正歯科
  • 金属アレルギーが心配 セレック治療
  • 銀歯や変色が気になる 審美的な治療
  • 削らずに歯を白くしたい ホワイトニング
  • 入れ歯が合わない・痛い 義歯(入れ歯)
  • 親知らずが気になる 口腔外科
  • 自分の歯を極力残したい 歯の移植
一番上に戻る
TEL:092-933-5952TEL:092-933-5952 診療のご予約・お問い合わせ診療のご予約・お問い合わせ
Recruitment 私たちと一緒に働きませんか?Recruitment 私たちと一緒に働きませんか?
クリニックからのお知らせ 随時更新中!
無料メール相談・お問い合わせ
つつみ歯科医院のブログ 日々の出来事などを更新しています
Q&A よくあるご質問はこちら